読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「No.9-不滅の旋律-」を観劇してきた

昨日、仕事で知り合った友人に誘われて稲垣吾郎主演舞台「No.9-不滅の旋律-」を観た。その友人は長らくのSMAPファン。実は以前も香取慎吾さん主演舞台に誘われ、「オーシャンズ11」を観に行った。テレビの中で歌う姿は見るけど、それはSMAPの一員としてだけだったので、そのときも想像している以上に歌がうまく、お芝居も面白かったので、「また何かあれば誘ってください」と言っていたのだ。実は誘われたときはすごく忙しく、どんな舞台かも知らずに「行きます」と答えたのだ。そして昨日もまったくどんな舞台か知らずに現地に出かけた(おそらく誘われたときにベートーヴェンの話と聞いたかも知れないが)。

 

場所は赤坂ACTシアター。隣の赤坂BLITZでは己龍(ビジュアル系バンド)のライブがあるらしく、まったく客層の異なる人たち(いずれも女性)が赤坂ACTシアター周辺に大集合。赤坂ACTシアターに向かう人はBLITZの人たちよりもかなり年齢層は高い印象を受けた。まあ、私も人のことは言えないが。

 

赤坂ACTシアターに入って、初めてベートーヴェンの話で、稲垣さんがベートーヴェン役を演じることを知った。ヒロインは元AKBの大島優子さん。マイコさんや長谷川初範さん、高岡早紀さん、田山涼成さんなどが出ていることを知り、期待も高まった。マイコさんはガラスの仮面の舞台で観たことがある。そのときもマイコさんが演じる姫川亜弓役はすごく似合っていた記憶がある。別に私自身、舞台好きというわけではないが、これは姪に誘われて行ったのである。だいたい誘われないと、舞台は自分から行くタイプではない。

 

本題の「No.9-不滅の旋律-」だが、本当にすごく良かった。実はA席で観たのだが、お値段以上のある舞台。演じる姿だけではなく、生ピアノの音も堪能できる。最後の第九「歓喜の歌」での締めくくりも、舞台上だけではなく観客席も一緒に盛り上がれるので、すごくよい終わり方だと思った。

 

稲垣さんもテレビでは「声が高い」印象があったが、舞台での声は「こんな低い声も出るんだ」と、びっくり。悩んだり苦悩する姿、狂気とも言える姿も、繊細そうな稲垣さんにぴったりな気がした。そうそう、演者全員、声のいい人が多かった。マイコさんもそうだけど、大島優子さんも声が意外にいいんだなと。あとヨゼフィーネ役の高岡早紀さんは想像通りの役で、醸し出す雰囲気が非常に色っぽくて(表情などは双眼鏡を使わなかったので、よくわからないけど)、ベートーヴェンがはまってしまうのも仕方ないかなと。その対比なのか、マイコさんも大島優子さんも男性っぽいキャラ。二人とも声も低めなので、ベートーヴェンの同士という雰囲気が良く出ていた。

 

第九「歓喜の歌」は高校時代、選択科目の音楽で習った曲。毎年開催される音楽会(音楽選択の学生が登場する)でも披露した。約半年かけて練習した曲なので、いまだにドイツ語でちゃんと歌える。昨日も最後、稲垣さんが客席の方に向かって指揮をする場面では、一緒に口ずさむことができた。それもあってすごく楽しかった。

 

で最後に記念に、グッズのTシャツまで購入♪ 本当にいい時間を過ごせた。誘ってくれた友達に感謝。